あのりあchannel

美容系Vtuber 美を追求する女性に役立つ情報・サービスをメインに解説!

 

ヒューマナノ プラセン原液(ヒト型プラセンタ・美容液)を徹底解説

美容・コスメ 個別商品

ヒューマナノ プラセン原液は「ヒト型」のプラセンタが配合された美容液です。「原液」ですので「プラセンタもついでに配合しているコスメ」と比較して、よりプラセンタを実感することができます。ここでは公式サイトの情報をより深く掘り下げて解説しています。

ヒューマナノ プラセン原液って、ひと言でいえばどんな商品?ヒト型とヒト由来の違いについて。

ヒューマナノ プラセン原液は「ヒト」から抽出されたプラセンタです。プラセンタといえば、日本のコスメ業界では「牛」「豚」が主流で、海外では「羊」が人気です。そのため、「ヒト型」のプラセンタというのは非常に珍しいのが現状です。

もともと、医療機関等では「ヒト由来のプラセンタ」を使用していますが、これは厚生労働省の指導の元、医療用としての品質&高い技術を求められるものです。

いっぽう、ヒューマナノ プラセン原液は、高い技術を元にしてはいますが、「ヒト由来」ではなく「ヒトのプラセンタに含まれるものと同じ成分を人工的に、バイオ的に合成して配合しているもの」です。

なので、価格が高くなくて済むのですが、実はヒト由来でないことによるメリットもあります。ヒト由来のものは感染症等のリスクがつきまとうので、医療用のものは非常にシビアな品質を求められています。いっぽう、人工的に合成したものであれば、通常の場合、感染症のリスクは基本的にありません。

ヒューマナノに含まれる「ヒト型プラセンタ」の特徴

ヒト型プラセンタとは?

一般に出回っている馬、羊、豚等のプラセンタ化粧品ヒトの遺伝子構造と違うため、人によっては効果が実感できなかったり、ときにはアレルギーなどの原因になることさえあります。ヒューマナノ ヒト型プラセンタがより実感しやすいのにはその成分に根拠があります。

ヒューマナノのヒト型プラセンタは「実際のヒトから抽出されたプラセンタ」でないにしろ、ヒトの胎盤の遺伝子構造と同じ成分をバイオ合成で人工的に組成していますので、動物プラセンタと比較して肌につけたときに馴染みやすいのが特徴です。

また、動物プラセンタのような独特な臭いもありません。

ヒューマナノのヒト型プラセンタの中に含まれるアミノ酸の含有量は豚プラセンタの75,000倍、牛プラセンタの250倍もあります。

さらに、本物の人由来のプラセンタと比較して、バイオ合成によるヒト型プラセンタに含まれている成長因子(今話題のグロースファクター)の量は250倍多い特徴があります。成長因子といえば、EGF等でおなじみの成分ですね!

ヒューマナノ ヒト型プラセンタは安全性が高いのと同時に、成長因子の宝庫とも呼べる量で、グロースファクター好きの方にとってはなおおすすめの商品といえるでしょう。

ヒューマナノ プラセン原液に含まれる主な成分「5大ヒト型ペプチド」とは何か?


ペプチドとは肌にもともとある美容成分です。うるおいやハリ・ツヤのある肌へ導いてくれ、エイジングケア(※年齢に応じたケア)のコスメにおいて人気の美容成分です。組成としてはタンパク質の一種に分類され、アミノ酸がたくさん連なったものを意味します。

ヒト型プラセンタ(合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-16)

先に書きました通り、ヒトと胎盤と同じ遺伝子構造のバイオ合成プラセンタでエイジングケア(※年齢に応じたケア)をサポートします。

合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31(IGF-2)

肌にあるヒアルロン酸をサポートすることで、肌の手触りを良くしてくれます。

ヒトオリゴペプチド-1(EGF)

53個のアミノ酸から組成された成分で肌が喜ぶ成分です。EGFは年齢と伴に減少して老化へと向かう傾向にありますので、美肌にとって重要な成分です。なのでEGFを増やすことは美肌にとってプラスの効果を期待できます。ただし、EGFはやみくもに増やせばよいわけではなく、肌に合ったEGFの量のバランスが大事で、適量を補うことが良いとされています。

ヒトオリゴペプチド‐13(aFGF)

肌にもともとあるコラーゲンやエラスチンを助けることで保湿効果をUPさせます。 154種のアミノ酸から組成されています。

ヒトオリゴペプチド‐4(TRX)

人の肌はもちろん、多くの生物に存在する成分です。タンパク質の一種で肌を保護していきいきとした肌をサポートします

ヒューマナノ プラセン原液 に含まれる「 ナノ化レシチン」は肌へやさしい乳化剤だった。


ヒューマナノ プラセン原液 に含まれる「レシチン」はリンを含む脂質の一種で、細胞膜の主な成分ですが、大豆などに多く含まれる成分です。また、水と油をくっつけることができる乳化、水を補い保つ作用(保湿)などがあります。そのため、「レシチン」は化粧品などでよく使用される成分です。

一般に化粧品には乳化剤が必要なので化粧品に含まれることが多いのですが、乳化剤はいわゆる「界面活性剤」のことです。なので、ある程度肌に刺激がある成分といえます。しかし、「大豆由来成分のナノ化レシチン」は乳化剤の中でこの「界面活性剤」による刺激をできるだけ抑えたものとして開発されたもので、乳化剤のなかでは肌にやさしいものに分類されます。

そのため、乳化剤として「大豆由来成分のナノ化レシチン」を採用しているところがこの商品の隠された良さのひとつといえましょう。

また、肌への吸収力を高めてくれますので、角質層までへの浸透力が違います。ナノ化された成分によって肌への親和性を高め、化粧品としての浸透性をアップしてくれます。

ヒューマナノ プラセン原液の成分・原材料

水、ヒトオリゴペプチド-1、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31、ヒトオリゴペプチド-13、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-16、ヒトオリゴペプチド-4、レシチン、ダイズ油、グリセリン、フェ ノキシエタノール、酢酸トコフェロール

ヒューマナノ プラセン原液の無添加成分

ヒューマナノプラセン原液では、以下の成分を配合していません。 動物性成分 鉱物油 色素 パラベン 香料 シリコン

また、敏感肌の方でも使用することができます。

-美容・コスメ 個別商品