あのりあchannel

美容系Vtuber 美を追求する女性に役立つ情報・サービスをメインに解説!

 

家庭用脱毛器を徹底比較!口コミで人気のケノン、脱毛ラボ ホームエディション、トリアをピックアップ。フラッシュ式やレーザー式の脱毛器の選び方。

美容・コスメ

2020/11/09

この動画では、家庭用脱毛器のメリット・デメリットと、ケノン、脱毛ラボ ホームエディション、トリアを徹底比較しています!
動画内で紹介しました家庭用脱毛器について、以下に公式サイトのリンク先をご案内致します。

ケノン


発売元 株式会社エムロック
脱毛器タイプ フラッシュ脱毛
特徴 ケノンは、日本の脱毛器で圧倒的なシェアを誇るフラッシュ式の脱毛器です。 楽天市場の年間家電ランキングでは、前バージョンのイーモリジュを含めて5年連続で1位という偉業を達成!

ネット上では脱毛器の王様ともいえる程の大人気です。他の脱毛器に満足できず、ケノンに乗り換える人がとても多いようですね。SNSでもケノンの口コミの勢いは計り知れない程です。

2019年4月にケノンの新型が発売されたばかりで、新型ケノンでは、照射レベルが一番弱いレベル1のショット数(照射回数)はなんと300万発も使えてしまうスグレモノ。一番強い照射レベルの10でも、50万発も使えるという他の追随を許さない量で、全身脱毛しても問題なく使える量です。

また、自動照射モードに切り替えれば、自動で照射を開始。肌の上でスライドさせるだけで、スムーズに脱毛できるのもいいですね。。

照射レベルは10段階調整が可能。カートリッジの付け替えが可能で、その種類が豊富!

照射範囲が広いオプションのエクストララージカートリッジを使用すれば、片わきの処理がたったの10秒で済みます。

ちなみに、エクストララージカートリッジの照射部分は3.7cm×2.5cmサイズの大サイズ。この広々としたサイズですので圧倒的なスピードです。また、スキンケアカートリッジを使用すれば、エステ級の美顔器としても使うことができますので、1つ持っているだけで多機能を楽しむことができます。

脱毛ラボ Home Edition


発売元 株式会社セドナエンタープライズ
脱毛器タイプ フラッシュ脱毛
特徴 脱毛サロンで有名な「脱毛ラボ」から発売されているフラッシュ式の脱毛器。
脱毛のプロ、しかもあの人気脱毛サロンが監修ということで、安心して高機能の脱毛器を利用することができます。

実際の脱毛サロンと同じ業務用レベルの機能、品質を家庭用の脱毛器として実現したものですので、安全性を含めて脱毛のノウハウがしっかり詰まっており、家電メーカーとは一線を画しています。
ショット数は1台で30万発。ただし、カートリッジの取り換えはできませんので、30万発使い切ったら終わりなのはチェックしておきましょう。

照射パワーは5段階設定可能。照射できる場所は顔、両脇、両腕、VIO、両足、両足先と、他の脱毛器と比較して脱毛器のなかで許可されている部位が多いのです。

そして、なんといっても スゴイのが脱毛しながら肌を冷やせる「冷却クーリング機能」を搭載しているところではないでしょうか。照射時の痛み、赤身を即時に沈静ケアしてくれますが、この「冷却クーリング機能」を搭載している脱毛器はそう多くはありません。保冷材を使わずに済むだけでも、この商品には大きなメリットがあります。

また、ほどんどの家庭用脱毛器ではVIOのIとOに対応していません。そのため、VIOをされる方は、「脱毛ラボ Home Edition」は断然おすすめです。

トリア


発売元 トリア・ビューティ・ジャパン株式会社
脱毛器タイプ レーザー脱毛
特徴 トリアの脱毛器は、日本の家庭用脱毛器でレーザー脱毛として発売されている唯一の存在です。これは、特許や権利の関係でレーザー脱毛を取扱いできる企業が限られているからだとも言われています。

脱毛器で使用されているレーザーは、クリニックで使用されるダイオードレーザー技術を応用したもので、自宅にいながらして高度な脱毛が実現可能ですので、普通の脱毛器では満足した結果が得られず、なかなか脱毛できない方にとって貴重です!

トリアのダイオードレーザー技術は日本の厚生労働省に当たるアメリカのFDAという公的機関から認可を受けた信頼性の高いものを使用しています。

照射パワーは4Xシリーズであれば5段階まで設定が可能。連続照射も可能です。画面上にはショット数のカウンターも表示してくれます。

ただし、トリアは照射面積が比較的狭いので、狭い範囲で脱毛する場合に向いていますが、広範囲の脱毛はやや手間がかかるといえます。

とはいえ、毛が剛毛な方には、たとえ照射面積が狭くてもトリアがベターといえるでしょう。

人によってはレーザーならではの痛みを感じる方もいます。ただし、痛みの度合いは人や体の部位によりけりですので、必ず口コミの通りになるとは限らず、その度合いは使ってみてはじめてわかるといったところです。

ちなみに、痛み対策としては「保冷材を何秒か肌に当ててから使用して、その後再び保冷材で冷やす」を繰り返しすれば、ある程度軽減することができるので、必ず保冷材は使用するようにしましょう。
また、トリアには4Xとプレシジョンという2つの製品があります。4Xは全身脱毛、部分脱毛の両方に向いていますが、プレシジョンは部分脱毛に向いています。この辺は予算次第とは思いますが、後々の満足のために購入する場合は4Xを選ぶほうが良いと思います。

-美容・コスメ