あのりあchannel

美容系Vtuber 美を追求する女性に役立つ情報・サービスをメインに解説!

 

開発秘話を知るとシワ改善の原理がよくわかる!リンクルショット メディカルセラムが発売されるまでの経緯。少しでもシワ取る、シワを消すことを希望される方は必見のシワの原因と改善方法。

美容・コスメ


※本動画内で使用している商品画像は、株式会社ポーラ様から使用許可をいただいております。また、株式会社ポーラ様に動画の大部分をご確認いただいておりますので、内容は基本的に正しい情報だと思います。

※「少しでもシワを取る、シワを消すように改善したい方」という表記は、「シワを改善したい方」を意味します。「シワを完全に消したい方」を意味しておりません。この商品の目的はシワ改善であって「完全にシワを消す」わけではありませんので、予めご了承ください。

※開発秘話は動画内にて解説しております。

リンクルショット メディカル セラム


企業名 株式会社ポーラ
ポイント 「シワ改善」の医薬部外品として日本で初めて承認された商品
特徴
リンクルショット メディカルセラムはたったの1年半で合計130万本以上を売り上げ、一時期売上に伸び悩んでいたPOLAの売上に大きな影響を与え、一気に業績を回復したほどのベストセラー商品です。

動画内でも説明しました通り、シワの原因を作り出すのは「好中球エラスターゼ」と呼ばれる酵素によります。

本来は異物を分解してくれるので人体にプラスに働くこの「酵素」なのですが、紫外線や肌へのダメージ等で誤認識してしまい、誤って人の真皮まで分解してしまっていたことによります。

そこで、リンクルショット メディカルセラムはニールワンと呼ばれる成分によって、 この酵素を抑制することに成功しました。

肌の内部では、常に真皮の分解と生成がされていて、生成より分解が勝るとシワが増え、分解より生成のほうが勝るとシワが減ります。

このため、ニールワンによって真皮を分解する酵素を抑制することで、真皮での生成量が勝り、自然にシワが減ってくるという原理です。

ところで、リンクルショット メディカルセラムはスキンケアの過程で塗る順番が大切です。

使用する場合は、化粧水、美容液の後、乳液、クリームの前に塗るようにしましょう。他の美容液と一緒にこの商品を使う場合は、他の美容液のほうを先に塗る必要があります。
このように、リンクルショット メディカルセラムは科学的な根拠に基づいた、貴重なシワ改善のクリームといえます。

みなさんは、「乾燥による小じわを目立たなくする」という表現を見たことはありませんか?

シワ系の化粧品をみると、そのほとんどで乾燥による小じわを目立たなくするという文字が但し書きで書かれています。
これは、厚労省によってシワ改善と明記することは許されていない、という意味です。
今回ご案内するリンクルショット メディカルセラムは、日本で初めて医薬部外品として「シワ改善」の表記が認められた商品です。

15年かかった開発秘話を交えてご案内致します。

〇リンクルショット メディカルセラムの開発秘話(末延則子)ヒストリー

リンクルショット メディカルセラムは、POLA化成工業の末延さんの存在なくして誕生しなかった と言っても過言ではありません。

シワ改善の研究を開始した当初はたったの4人。当時は社内ではあまり目立たない部署で ひっそりと研究していたそうです。


とにかく顕微鏡を覗いてはシワのある肌とそうでない肌の違いの分析という繰り返しでした。

当時はシワ改善の有効成分は医薬部外品としてまだ認められていなかったので、画期的な成分を見つけ出したいという末延さんの決意がそこにはありました。

するとある日、シワのある肌に好中球エラスターゼと呼ばれる酵素が働いていることを世界で初めて突き止めます。

好中球エラスターゼは、本来異物を分解するプラスの働きをするものなのですが、紫外線や刺激などを受けた場合であっても 傷と誤認識して分泌されてしまっていたのです。

誤って異物を分解しようとして真皮成分(コラーゲンやエラスチン)まで分解してしまっている、という世紀の大発見でした。

そこで、次の課題が出てきました。

この酵素の働きをいかに抑制する成分を探すか、という道のりの遠いテーマです。

そこで、なんと5400種の候補物質を片っ端から調べ、ついにシワに効く有効成分を見出しました。それがニールワンという物質です。

このニールワンを見つけるまで約2年の年月が費やされています。

しかし、壁はまだ立ちはだかります。

ニールワンは水に溶けると分解されてしまうということです。


化粧品は基本的に水分が多く、水に溶けない方法をいくら探しても、なかなか見つからなかったのです。

このニールワンの問題だけで、さらに2年近く解決しなかったので、社内からは「そろそろやめたらどうだ」といった意見も出てきました。

そこで、末延さんは「まってください。きっとこのプロジェクトは成功させてみせます」と、諦めずに必死になって上層部を説得します。

そして、ついに開発チームの一人が「チョコミントのアイスクリーム」のチョコが溶けないことをヒントに一気に解決しました。

それは、油脂成分のなかに固形のままでニールワンを点在させる、というものでした。
こうして、ようやく試作品を作ることができました。試験データは500人のモニターを3年もかけて実施。

しかし、試験データを揃えてから医薬部外品として厚労省に申請したのですが、なかなか認可が下りません。

そこでまた会社からは「医薬部外品の申請はこの際あきらめて 化粧品にしてはどうか」といった声が上がりました。

そこでも末延さんは「いいえ、化粧品ならシワを改善できるとはっきりと言えないじゃないですか。それでは販売員の仲間たちがかわいそうです。」と諦めずに上層部に説得を続けました。

そして、申請から8年かかってようやく、厚労省から念願の医薬部外品の認可が下ります。

シワ改善の有効成分として、日本で初めて認可された医薬部外品の誕生の瞬間です。開発から実に15年もの歳月を費やしたのです。

そして、リンクルショット メディカルセラムは発売後、とてつもない人気で売れ始めました。そのときはチーム全員で泣きました。

その後、末延さんはついに日経WOMAN(ウーマン)のウーマン・オブ・ザ・イヤー2018にて8人の受賞者の中で大賞を受賞しました。

普通は化粧品の開発でここまで時間をかけることはありませんので、末延さんのやり遂げたことは多くの人に笑顔と希望を与えたといえるでしょう。

そして、リンクルショットメディカルセラムは、なんと100万人が体験する程に売れてPOLAの売り上げに大きく貢献します。

-美容・コスメ